冬季うつ

今日は 十五夜ですね🌙

 

ススキを飾り お団子をお供えしようかと。

ススキは 神様をお招きする 依り代として お供えされるそうです。

 

依り代とは 神様が 憑りつく対象の事を言い

また ススキの鋭い切り口から 魔除けの効果もあるとされ お月見の後 お供えしていたススキを軒先に吊すと 1年間無病息災で過ごせる、と言われています。

今日から 10月🍁

良いスタートにしたいですね♪

 

ちなみに この時期

過ごしやすい時期ではありますが

冬に向けて 冬季うつを発症しやすい方も。

秋から冬にかけて抑うつが始まり、春や夏になると治まるという特有のサイクルを繰り返します。

このため「反復性冬季うつ病」と呼ばれることもあります。

 

冬場の日照時間の減少が大きく関連していると考えられており

日照時間が減り、脳内のセロトニンの分泌が減ることで、気分

の低下が起こったり、睡眠をつかさどるメラトニンがアンバラ

ンスになったりすることが原因と考えられています。

 

一日20分 日光に当たるだけでも 改善が見られるという報告もあり

家の周りを ほんの少しお散歩、なんてのも良いかもしれません。

また 自律神経の乱れを整えるために

朝の手浴もオススメです。

血行を促し 体温を上げてくれる事で

意欲を増すサポートになります。

 

朝は ティーツリーやユーカリ、グレープフルーツなどを お湯に一滴◎

 

また 夜の入浴や足浴に

セロトニン分泌を促すとされる

ラベンダーやネロリ、マージョラム、カモミールローマンなど

幸福感を増すとされるエンケファリンの分泌を促すとされる

ローズ、ジャスミン、グレープフルーツやなど

 

心和らぐお好きな香りを♡

 

 

お役に立てますように。

 

今日も香っております♩

 

←ヨイネしてもらえると励みになります♬
おすすめの記事とスポンサードリンク