お茶碗

なんてことない つぶやきです。

 

今朝の スカーレットで  お母さん役の富田靖子さんが

家を出て行った八郎が使っていたお茶碗を

大事そうに手にとる、ってシーンがあるんです。

 

 

シチュエーションは違えど

誰かが大事に使っていたお茶碗。

色んな想いを呼び起こすんですね。

 

 

いつも 当たり前のように 毎日  使うもの。

 

我が家も  ちょっとだけこだわったお茶碗を  家族それぞれ使っています。

 

 

進学で家を出た息子の使わなくなったお茶碗も

やっぱり  いつもの食器棚に置いてあります。

 

 

一人暮らしで ちゃんと食べているのだろうか?とか

帰って来たら  美味しいものを食べさせたいなぁ、とか。

 

お茶碗を見ながら  ふと  思うわけです 笑

 

 

日々使うものって 誰かの温もりが残るのだなぁ、と。

 

使い心地が良い、とか

形が良い、とか

どこかの有名な陶芸家が作った、とか

色々あるんだろうけれど

 

そんなことより

器にこだわる人が多いのは

日々使うものだからこそ  その人の温もりが器に染み込んで

大事なものになっていくのだろうなぁ、と。

 

改めて そんな事を思う朝だったのです😏

 

今更ながらに。

 

へんなつぶやきでした^_^

 

今日も 懲りずに 香っております✨

←ヨイネしてもらえると励みになります♬
おすすめの記事とスポンサードリンク