マタニティアロマセラピー

やっと会えた さつきちゃん💖

クリクリお目目と 頰ずりしちゃうムチムチほっぺ。

可愛いなぁ💖

ちなみに   ママは  分娩時にアロマを使用されました。

会陰部のラベンダー温湿布と 臀部のトリートメント。

トリートメントには オレンジの精油を使われたようです。

出産は 女性にとって   そしてその周囲の方々にとっても 人生の大きな節目です。

妊婦のストレスは ご本人はもちろんのこと  周囲にも   そして 胎児の発達にも影響します。

ストレスホルモンと呼ばれるコルチゾールの影響が少ない母親は

ストレスを受けた母親と比べると

特に24週から35週までの胎児の成長が活発になる事が示されています。

出産が必ずしも幸福感に満たされているわけではありません。

ご家族の理解が得られない、経済面などでも 不安を抱えていらっしゃる方も。

また、ツワリ、むくみ、便秘、肩こりや腰痛、不眠などなど

妊婦さんの 意識的な心身のケアとして  トリートメントや芳香など
アロマセラピーを取り入れる事は プラスになるでしょう。

先日は 『ユズの香りでつわりを乗り切れました❣️』と 仰って頂きました。
暑い夏を 大事に乗り越えて頂きたいです。

また、ほっと一息 ハーブティーや
良質な植物オイルを使った乳房ケアも
産後の母体の回復にオススメです♪

どうぞ お気軽にご相談下さい。

今日も香っております🌸

←ヨイネしてもらえると励みになります♬
おすすめの記事とスポンサードリンク